元店員のPORTER(ポーター)愛用品レビュー

カバンの選び方

PORTERビジネスバッグまとめ記事

PORTER(ポーター)ビジネスバッグのオススメ、コスパ編!厳選した2シリーズをご紹介!

更新日:

ポーターでビジネスバッグを探しているんだけど、お店やネットで見ても沢山種類ありすぎて何が良いのか分からない。ポーターのブリーフケースって高くない?って思っている方に

これ買っておけば間違いないというコスパがいいおすすめのビジネスバッグを、元PORTER専門店店員の私がご紹介いたします!

PORTERビジネスバッグシリーズ『テンション』コスパ最高のビジネスバッグはこちら

PORTER / TENSION
2WAY BRIEF CASE

画像元:https://www.yoshidakaban.com/

品番:627-07508 ¥18,500 +税
品番:627-07507 ¥21,500 +税

テンションの素材は、コーデュラナイロンという普通のナイロンより7倍も強いものを使っています。なのでガンガン使えますね。また、勤め先の店長が言っていたのですがテンションはあまり修理がないと(吉田カバンでは修理も承ってるんです)。ということは、安いのに長年壊れる可能低く使える、コスパ大のシリーズになります。

耐摩擦、耐引裂強度に優れたコーデュラ®ナイロンを使用したビジネスカジュアルシリーズです。
フロントのファスナーポケットにはYKKのセミオートマチックロックスライダーを採用しています。このスライダーは引き手の位置を上向きに固定するとロックされ、ファスナーが自然に開閉されることがなくなります。引き手を起こしたり、下向きに倒すとロックが解除されるという優れもの。
引用:https://www.yoshidakaban.com/

 

プラスでテンションのおすすめしたいポイントは持ち手がシートベルトと同じ素材になっているので、ずっとピン!と立っていてくれるんです。床などに置いていても持ち手が持ちやすいです!

また最近街中で見たのは、持ち手に革を使っているビジネスバッグを使っている人が革のお手入れを怠っている&長年使っているせいで革がヒビ割れてしまったいたんです。

これでは鞄自体がまだ使えたとしても、持つのも嫌ですし見た目もちょっと見窄らしい感じになってしまいますがテンションだとそういった心配がないです。

 

こんな方におすすめ

  • 日本製なのに安くて、長年使える鞄を探していた方
  • 就活生や新入社員で鞄にあまりお金はかけれないけれどもシンプルで使い勝手のいいビジネスバッグが欲しい方
  • とにかくブランドはポーターで探してるけど、どれがいいのか分からず迷っていた方

 

テンションのブリーフケースはざっくり分けて大きな口が1つのタイプ(1層)か2つにわかれているタイプ(2層)とありますが、どちらにもおすすめポイントがあります😀
どちらがいいか迷っている方は自分に合う方がどちらなのかおすすめポイントをチェックして見てください!

 

PORTER テンション、1層タイプのオススメポイントは?

1層タイプだと税込 19,440円 ですから2万円以下で買えます!1層タイプは、底マチが開くタイプになってますので荷物が多い時はたくさん入れれますし、逆に閉めてしまえばスリムに持ってもらう事もできます。
なので普段はそこまで荷物を持ち歩かないか、持ち歩くときと歩かないときどちらにも対応したい方にはまさにピッタリの鞄です。

 

PORTER テンション、2層タイプのオススメポイントは?

荷物が多い方、分けて収納したい方にはこの2層タイプが断然お勧めです。

前方ポケットには書類やペンなどを入れて、後方ポケットにはお弁当やポーチを入れるなど何がどこに入ってるかわかりやすいです!

どちらか迷っている場合は2層タイプを買ったほうがいいと思います😀

 

 

PORTERビジネスバッグシリーズ『クリップ』

PORTER / CLIP
BRIEF CASE

画像元:https://www.yoshidakaban.com/

品番:550-08961 ¥14,500 +税
品番:550-08959 ¥17,000 +税

上のテンションと同じ1層のタイプで¥14,500+税ですね。テンションよりも4000円安く手に入ります。PORTERのビジネスバッグの中でも最安値の部類に入るかと思います。

テンションとは、大きさ、中のポケットなどほぼ同じになります。

ではなぜ値段が違うのか?が気になりますよね!
それは、やはり素材の差になります。テンションはコーデュラナイロンでしたが、クリップはポリエステル生地になります。

またテンションにあったセミオートファスナーや持ち手の素材などはありません。でもだからといってクリップがテンションの劣化版なのか?と言われたらそうではありません。

例えばそこまで丈夫な生地を使っていなくていい、普通のファスナーでいい必要最低限あってポーターであればいいという方にはおすすめのビジネスバッグになります。
また例えば1層タイプで比べると微妙な差ではありますがテンションは910グラム、クリップは880グラムと軽い鞄を探している方にはいいかもしれません。

また、クリップはPVC加工がしてあるので水が染み込みにくいです。

 

こんな方におすすめ

  • とにかく安く、1万円代でポーターのビジネスバッグが欲しい方
  • 必要最低限でシンプルな軽い鞄が欲しい

 

 ポーター・クリップ ブリーフケース1層タイプ

 

ポーター・クリップ ブリーフケース2層タイプ

  • この記事を書いた人
タカハシ

タカハシ

【20代ポンコツWEBデザイナー】 元吉田カバン(PORTER)専門店販売員でタンカー大好きタカハシが主に自分のPORTER製品愛用品のおすすめ記事を勝手に書いています。詳しいプロフィールはこちら

-PORTERビジネスバッグまとめ記事
-, , , , ,

Copyright© カバンの選び方 , 2018 All Rights Reserved.